おいしい三浦半島!へ戻る

      超豪華1200円チャーシューメン!〜福来満      

超豪華1200円チャーシューメン!〜福来満

逗子市池子1-18-15
京急逗子線・神武寺駅から徒歩7分
逗子第一運動公園そば(池子十字路のファミリーマートから
京浜急行踏切方面に行った左側)
[地図]
●営業時間情報●
11:30〜15:00/16:30〜20:30
〔定休〕毎週木曜日
●電話●
0468-73-9255
※駐車場は店の横の路地を入ったところに3〜4台

スープ あっさり中華風しょうゆ 福来満のチャーシューメン(クリックして拡大!)
福来満のチャーシューメン
〜クリックして拡大!
めん 細めん/ちぢれ
チャーシュー 脂ふつう
トッピング メンマ・ネギ・なると・
ワカメ・ふ
ねだん 1200円

逗子の池子・・・京急線の踏切を越えるとそこはアメリカ。そんな米軍施設のまん前にあるのがここ、福来満だ。テレビ・雑誌をはじめとするメディアでたびたび紹介され、”いつ行っても満員”というウワサ通りに、16:30という中途半端な時間にもかかわらず、夜の部の開店を待つ行列がすでにできていた。
メニューを見ると定番の麺類に加えて「まーぼそば」「あんかけやきそば」「五目かたやきそば」など、どうやらメインは中華料理の店のようだ。
店内は座敷とテーブル席とカウンターがあり、割と広めなカウンターの前ではガラス越しに右のような厨房の動きがよくわかる。においや音はわからないが、ガラスをはさんで暑そうな厨房とすずしい店内がなんか対照的だ。
さて、注文したのは『木炭焼きチャーシューメン』。何と値段は過去最高の1200円だ。いつもチャーシューメンしか食べないことにしている私にとってはもう選択の余地はないけれど、普通のラーメンも650円でちょっと何か入ると850円は下らないので全体的に値段は高めだ。
福来満の店内
それにしても1200円・・・。
その値段のせいなのか、運ばれてきたチャーシューメンは大きな丼にもう具がぎっしりと乗っかっていた。細くてやや固い麺の上にはワカメ・メンマ・そしてめずらしく”おふ”が乗っている。このおふ、意外とスープを吸い込んでなかなかいい味を出すからびっくりだ。そのスープは中華風のあっさりとしたしょうゆ味で、なかなかコクもあって飽きない味
でもこのスープの上にこれでもかっていうくらいにキザミネギがばらばらかけてあって、スープをすいすい飲みにくいのが欠点。ここまで入れなくてもいいのにってくらいのネギはちょっと余計だ。
そしていよいよチャーシュー。肉厚のどっしりしたものが惜しげもなく入っているのは圧巻だ。どうやらここのチャーシューは ”長崎・雲仙の黒豚を使用し、タレは醤油・生姜・ニンニク・リンゴなど12種類の材料から作り、肉を3日間つけ込み、3時間炭火で焼く”という逸品らしい。
特製ジャンボ餃子(750円) 人によってはこの歯ごたえのある肉感を嫌うかもしれないが、ほのかに香る木炭のにおいがまたよく、これは絶品だ。チャーシューですよ!というふうにどーんと存在感がある”主張するチャーシュー”っていう感じ。
全体的なバランスよりも、ひとつひとつのアイテムの個人プレーを楽しむ一品というふうな食べ方が、このチャーシューメンとの正しい向き合い方なのかもしれない。
さて、サイドメニューの『特製ジャンボ餃子』(750円)もなかなか。あんがぎっしり詰まっていてとにかくジューシーな一皿だ。
チャーシューメンと餃子を食べて1950円とはかなり高い。
個人的には両方とももっと少なくていいから値段下げてよ、なんて思うので評価は★★★にしたが、大金を払って主役が5人くらいいる劇を見に行くような感覚は、案外ヤミツキになっていくのかもしれない。しょっちゅうは行けないけれど、たまにはちょっと豪華に、この役者たちを平らげにいくのも悪くない。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2001.8.27