おいしい三浦半島!へ戻る

      洞窟の輝き、秘境のタンメン〜五龍      

洞窟の輝き、秘境のタンメン〜五龍

横須賀市衣笠栄町1-16
JR衣笠駅から西友方面へ徒歩5分
モスバーガー衣笠店の前
地図
●すでに閉店しました●
スープ タンメン 五龍のタンメン〜クリックして拡大!
五龍のタンメン
〜クリックすると
拡大画像が見られます
めん 平うちめん/ストレート
トッピング ネギ・もやし・にんじんなどの野菜炒め、ニンニク
ねだん 700円

JR衣笠駅を降りて、右に進路を取る。
角の銀行をすぎ、西友の前の信号を渡ると、前方の川の手前にはモスバーガー、そしてその目の前にあるのがここ、五龍だ。
ここに店を構えていったい何年になるんだろう。
昔まだ高校生だったときによく来たお店は、それから十数年経っても健在だった。
本当にやっているのかわからない、なんともいえないアヤシイ雰囲気もそのまま。
しかも今は『大陸料理 五龍』と書かれた赤いのれんの「龍」の字が破けて、入りにくいどころか店名さえも読めなくなっている
その破けたのれんを、懐かしい場所に帰ってきたように、そしてまるで探検隊が未踏のほら穴を覗くかのようにくぐると、そこにはまさに洞窟のような薄暗い空間が姿を現した。
昔より格段に汚くなっている・・・。
それが第一印象。
以前はカウンターに10人くらい座れたと思うけど、お店の奥のほうには何やら黒い荷物がうずたかく積んであって、近づけない。
レトロというか・・・
おじさんも健在! 出口近くのカウンターに座ると、中ではおじさんがせっせと作業をしていた。
この雰囲気、この口調は間違いなく昔と変わっていない。
そしてカウンター内を見渡すと、恐ろしいほどくすんだ鍋、油だらけになってラベルの見えないゴマ油のビンなどが目に飛び込んできた。
何だか終戦直後のヤミ食堂なんかにタイムスリップしたような感じだ。
”五龍=タンメン”という固定観念があるんだけど、のれんに「大陸料理」って書いてあるだけあって、中華料理はなかなか種類が豊富
この雰囲気の中でいつかはゆっくり中華を堪能したいところだ。
他にもこのお店は皮からしっかりと手作りした水餃子(600円)もおいしいと思ったが、今回はおなかの都合でタンメン一杯にしぼった。
メニューは立派
「この後、デート?そうじゃなかったらニンニクいっぱい入れとこうか?
この店に行っておじさんのこの言葉を聞くのが高校時代の定番だった。
十数年経ってもこのセリフが飛び出すかな?と思ってワクワクしていると、案の定、黄金のセリフが飛び出した。
もちろん、たっぷり入れてもらった。
ニンニクがたっぷり入ったスープ さて、目の前で調理が繰り広げられること約10分、ついにタンメンがやってきた。
白い丼に積み上げられた野菜炒めから立ち上る湯気の香りが食欲をそそる。
やや濁ったスープを一口飲むと、口の中には深みのある鶏がらのダシとさっぱりした塩味が広がる。
決してしょっぱくなく、まろやか。
それにニンニク片が絶妙なアクセントを添えている
そのスープにからむ麺はやや太い平うち麺
この麺を使ったラーメンはなかなかお目にかかれないかもしれない。
見た目はかなりやわらかそうだったが、食べるともちもち感があってしっかりとコシのある麺だった。
さらにとろみのついた野菜はしんなりしていなくてシャキシャキ
これと平うち麺の食感は相当相性がいいと思う。
麺は平うち!
繊細とか大胆とか、そういう言葉では表せないような一品。
五龍のタンメンは、すでに数十年前に完成して、それから今までずっと変わらず味を保ち続けているのだ。
入れ替わりの激しい衣笠商店街にあってこのお店があり続けていること、そしてタンメンが以前と変わらず抜群の輝きを保ち続けていることはまさに”奇跡”と表現してもおかしくはないかもしれない。
シャキシャキの野菜いため 何から何まで時が止まってしまったような雰囲気に、いつしか落ち着いてしまう。
それにしてもこれだけ汚いと、夏なんかはちょこちょこと小動物が徘徊していてもおかしくはない。キレイ好きの人には耐えられないだろう。
もうちょっときれいにしてもいいのになぁ、と思うけれど、そんなことよりも料理の仕込みにこのおじさんは夢中なんだろうな、なんていう妙な安心感を思ってしまうから不思議だ。
そういえばこの店、高校時代には仲間うちで『ウーリュ』と発音していた。
正確にはどう読むんだろうか。『ごりゅう』か『ウーリュ』か、または別の読みか?
・・・しかしそんなことはもはやどうでもよかった。
「ごりゅう」だろうが「うーりゅ」だろうが汚いだろうが何かが出てきそうだろうが人が全然座れないだろうが、このお店のタンメンはうまい。それは紛れもない事実なんだから。

●追加情報●お店の近くに昔から住んでいたという方からメールをいただきました!
このお店の読みは『ウールン』だということです。
昔からこのお店の中は黒ずんでいてすごかったみたいです(笑)。
情報、ありがとうございます!

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2003.3.5