おいしい三浦半島!へ戻る

      極細勝負!〜九州らーめん一夢庵      

極細勝負!〜九州らーめん一夢庵

横須賀市追浜町・京急追浜駅から
国道16号を田浦方面へ徒歩8分
地図
●営業時間情報●
[平日] 11:30-15:00 18:00-3:00
[日曜・祝日] 12:00-0:00
毎週月曜日定休

スープ とんこつしょうゆ 一夢庵のチャーシュー麺〜クリックして拡大!
一夢庵のチャーシューメン〜
クリックすると拡大画像が
見られます!
めん 極細/ストレート
チャーシュー やわらか/脂多め
トッピング のり・ねぎ・きくらげ・高菜
ねだん 800円

九州のとんこつラーメンは好き嫌いがはっきりとわかれる。
それはタンパク色のスープであったり、その匂いであったり、あるいは麺であったりするだろう。
その中で今回は麺にひっかかった感じ。
細麺であるのは九州ではよくあるが、ここまで細いのはすごい。この麺は自家製で、その日の天候や湿度などによって粉や水の分量を変えていくようだが、それがまるでソウメンしかもやわらかくて粉っぽいのが個人的にはマイナスだ。
これはゆで時間が長いのがいけないのかと思い、途中から替え玉(100円)を”硬め”で注文したが、今度は硬くて粉っぽいソウメン・・・。
ところでスープだが、完全な白濁のとんこつではなくて、やや家系のとんこつしょうゆ味ににアレンジしてある感じ。『良質な豚骨を使用し、あばら・頭・げんこつ・鳥がらなどといろいろな野菜・海のエキスを含んだ昆布といっしょに16時間じっくりと煮込んだ』とパンフレットにある通り、さすがに濃厚でいい。ややぬるいのが難点だが、このスープならば最後まで飲み干せる
一夢庵の餃子(400円) チャーシューもやわらかく、脂の乗りがほどよくて味も良好だ。
このスープと周りのトッピングとの相性が抜群なだけに、メインを張る麺がもったいないような気がする・・・。
ちなみに、この店の餃子(400円)はうまい。
にんにくを使わない手作りの餃子を鉄鍋で焼き、カリカリ感と中身のしっとり感は最高だ。
それにカラシ味噌をつけて食べるのもいい。
さて、この店は九州ラーメン専門店らしく、味付煮玉子・辛子明太子・高菜・さつまあげなどのサイドメニューも充実している。
そして長ネギではなく万能ネギをどんぶりいっぱいに使った博多ネギラーメン(700円)もこの店ならではだろう。
博多ネギラーメン(700円)
ラーメンは相性が大事だ。極細の麺が好きな人にはかなりおすすめの店だが、私の場合、他は全ていいのにこの極細麺だけでちょっと引いてしまう・・・。
ちょっとのバランス、ちょっとの加減・・・・。万人全ての舌に合ったラーメンはこの世に存在しない。そんな奥の深さと危うさが、やっぱりラーメンには潜んでいるのだ。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
1999.11.22