おいしい三浦半島!へ戻る

      三浦半島・北限の味〜金八家      

三浦半島・北限の味〜金八家

横浜市金沢区寺前
金沢区役所そば
[地図]
●営業時間情報●
11:00-0:00
〔定休日〕 毎週火曜日

スープ とんこつしょうゆ 金八家のチャーシューメン〜クリックして拡大!
金八家のチャーシューメン
〜クリックして拡大!
めん 太めん / ちぢれ
チャーシュー 脂ふつう / やわらか
トッピング のり・ネギ・ほうれんそう
ねだん 800円(普通盛)

久しぶりに”家系”が食べたくなって、向かったのがこの金八家。
何やら吉村家→六角家→金八家という師弟関係があるらしく、これぞとんこつしょゆ、の保守本流的な店らしい。
そのせいか店の入り口には『究極のラーメンを追求する鉄人』のでっかい文字が・・・。これは期待できそうだ。
最近ようやく注文できるようになったメンとスープのオプションだが、今回も”メンかため、脂少なめ”をオーダーした。
さて、出てきたスープはまさしく久々の家系の味だ。こってりとしたとんこつにほんのりとしょうゆの味。それほどどろどろ感はないが十分コクがある
だから飽きることなく全部平らげることができるのではないだろうか。後入れしなくてもけっこうにんにくが効いているのもいい。
そしてメンはかためで正解
このスープにやわらかいメンだと水っぽさを感じてしまうかもしれないが、かためでスパスパ口に入れていったほうがスープが生きる。
さらにチャーシューはいい肉を使っているような、そんな完成された逸品だった。
小さ目のどんぶりに所狭しと入ったこのラーメンはスープが今にもあふれそう。
だからまずはスープを消費しようとしてひとくち、そして3枚ののりを一枚ちょっとめくると下には大きなチャーシューとぷりぷりのメン、さらに横にはほうれんそう・・・。
下に進むにしたがっていろいろなものが顔を出すこのどんぶりはやはりよく研究されている。視覚も味覚と同じくらい大事な味の構成要素なのだ。
ところが、同時に注文したギョーザ(300円)は最悪だった。
大ぶりなのはいいが、皮はべチャべチャで中身は味がなく、ぼろぼろと飛び出してしまって水っぽい
よくもまあここまで失敗作を出してくれるなあ・・・というくらいの品で、”三浦半島餃子ランキング”なるページを作ろうものなら確実にワースト3に入るんじゃないだろうか?
うーん、究極の味を追求するのはラーメンだけなのだろうか?餃子にも鉄人ぶりを惜しみなく発揮していただきたいものだ。餃子を考えると評価は3くらいだが、ラーメン自体の味は抜群だったので5にした。
最近本家の不祥事や不遜な態度で評判がいろいろ聞かれる家系だが、逆にいえばみんなそれだけ期待して、そして横浜特有のこの味をもっともっとおいしくしてほしいと思っているということ。
それに店が応えるには、奢らずに、全メニューに徹底的に気を配る完全さをもっていなければならないだろう。
そんなプライドを求めて、今日も行列は出来ていくのかもしれない。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2000.7.17