おいしい三浦半島!へ戻る

      年のはじめは紅白スープ〜くまもとラーメン火の国大将      

年のはじめは紅白スープ〜くまもとラーメン火の国大将

横須賀市小矢部
五郎橋から久里浜方面へすぐ
地図
●すでに閉店しました● 

スープ 白濁とんこつ くまもとラーメン火の国大将のチャーシューメン〜クリックして拡大!
火の国大将のチャーシューメン
〜クリックすると拡大画像が見
られます!
めん 太めん/ストレート
チャーシュー やわらか/脂ふつう
トッピング 卵・きくらげ・ネギ
ねだん 750円

九州といえばとんこつ。白濁のそのスープは飲めば飲むほど、そして紅しょうがなどの具を入れれば入れるほど味が出てくる不思議なスープである。
しかし逆に言えば普通に飲むとやはりクセがあるということ。それを関東人の舌に合わせるように改良したのが”家系”ラーメンなのである。
そんな数々のとんこつバリエーションの中で、この『くまもとラーメン』はやや甘味を加えた逸品である。
九州の南部に行くと、何でも甘い。しょうゆも酒も、そしてラーメンも。特に鹿児島のラーメンなどはやみつきになってしまうのでぜひおためしあれ。
そんなことで僕は個人的に大いなる期待を込めてこの店に足を運んだのだが、その期待は裏切られなかった
スープはコクがあるのだが普通に飲んでいる分には薄い感じがして物足りないかもしれない。
しかしここはとんこつ。紅しょうがをガンガン入れていけば 自分好みのおいしいスープができあがるのである
そういうものなのだ、とんこつというのは。
トッピングも卵やきくらげが配置され、気分は南国。
さらにチャーシューは大きくてやわらかく、脂の乗りもほどよかった。
唯一の欠点は麺がやわらかすぎなことか。
かくして、紅しょうがに染まった紅白のめでたいスープができあがる。
店が『どうだ!』と出すスープもいいが、こういうふうに自分だけの味を作れるのもいい。
もちろん、これにはその”下地”をつくる店の実力がなくてはいけないのは言うまでもない。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
1999.1.4