おいしい三浦半島!へ戻る

      かにのよろこび、さかなのしあわせ〜あらさき亭      
かにのよろこび、さかなのしあわせ〜あらさき亭
横須賀市長井6-15-5
三浦縦貫道出口から車で5分
[地図]
営業時間情報
11:00-15:00 / 17:30-21:00
毎週火曜日と第2・第4水曜日定休
電話
0468-56-2402
●駐車場●
店の前に3台。第2駐車場もあり

三浦縦貫道を出てすぐに荒崎への道を入り、しばらく車を走らせると長井の海に出る。
三浦半島西海岸でも、ここは逗子や葉山とは違う、漁師町海と暮らしが深く結びついている街だ。
その一角にあるのがここ、あらさき亭
一見してフレンチやイタリアンのお店と思ってしまう外観だが、実は40年も続く老舗と聞いてびっくり。
ここは知る人ぞ知る、魚の名店だったのだ。
長井は漁師町
荒崎ガニ ランチメニューのメインはお魚のセット(2000円)荒崎ガニのセット(2000円)
複数人数で来店したら、ぜひこの両方を注文したい。目の前の海で獲れた新鮮な魚がぜいたくに堪能できる。
まずは荒崎ガニ
相模湾の水深400〜600mで獲れるこれは別名ミルクガニとも呼ばれるエゾイバラガニ
相模湾ではタカアシガニも獲れるが、大味でスカスカ。地元の漁師さんたちは甘みのあるこのカニの方がうまいという。
トゲがちょっと痛いがハサミとカニスプーンを駆使してほじると、ぷりっとしまって甘い身が出てきた。半身とはいってもボリュームはたっぷりだ。
思わず夢中になって相模湾の宝をほおばる。至福のひと時だ。
続いては剣先イカ
身が厚く、甘みがあってコリコリとした歯ざわりだ。
ねばつく感じがまったくなく、地元で獲れたばかりの新鮮さが口の中ではじける感じだ。久々においしいイカを食べた。
甘い荒崎ガニ
剣先イカ しかも量がたっぷりなので、これは一皿を二人でつつくといい。
メニューにはビール・日本酒・ウイスキー・ワインなどのアルコールもあるのでこんなおいしいイカをつまみながら飲むのもいい
・・・と思って窓の外を見ると、そこにはたくさんの漁船と青い青い海。
人工的な風景ではなく、すぐそこに生きていた海の恵みをいただいているというリアルさと安心感がある。
魚の宴はまだまだ続く。
地あじのたたきの登場だ。
たたきといっても、2センチ四方くらいで厚い身がたくさん乗っている皿。刺身のブロックという感じだ。
これがうまい。
身がしまって脂がたっぷりの新鮮なアジ。
これをいくつか取ってしょうがじょうゆをつけて豪快に口に放り込むと、しっかりとした食感と独特の風味が広がる。
地あじのたたき
小むつの煮つけ 次は煮魚
体調10センチくらいのちいさなムツをさっぱりしたタレで煮込んだものだ。
ムツといえば冬の黒ムツなんかの大物、そして鍋を想像するけれど、その子供である小ムツもいい。
トロっとやわらかい白身は脂が乗っていて、頭からがぶっとかぶりつける。
それにしてもタレがとっても上品。くどくなくしょっぱくもなく、白いごはんともよく合う味付けだ。
ここまでのコースでテーブルの上はすでに海の幸で満載だが、さらにかんぱちの塩焼きが出てきた。
刺身の定番である出世魚のかんぱち。
天然物は脂が少なくフライなどに適し、養殖物は脂が多くて刺身や塩焼きにいいらしいけど、ここで出てくるものはもちろん天然
でもパサパサ感はなく、うす塩で仕上げられた白身はとってもジューシー。そしてカリッとした皮にレモンをかけていただく。もう幸せ。
かんぱちの塩焼き
天日干のひじき 天然物といえばここで出てくる小鉢のひじきも地元産。
これがまたうまい。
どうしてこんなに味付けがすごいんだろう?と思わずうなるようなさっぱりとした絶品だ。
天然の素材の味を存分に引き出させる薄く上品な味付けどのメニューにも共通している。
これはネタに自信がないとできないことなのかもしれない。
そういえばこのお店にはずっとジャズがかかっている
喧騒の中で魚をつまむのもいいけれど、ズンズンと心地よいBGMを聞きながら静かに素材に集中するのもなかなかいい。
決して気取っているわけではなく、じっくりと味わってほしいというこだわりが見える店だ。
それにサイドメニューに手抜きがない。
ひじきも、そしてトロトロのめかぶのお吸い物もかなりいい。
サイドメニューにも手抜きがない
天然の寒天 さて、いよいよ締め。
デザートはさわやかなあんみつだ。
すぐそこの海で取れた天草を、おかみさんがていねいにところてんにしていく自家製だ。
この自然のところてんはありそうでなかなかない。天草をゴシゴシと洗うところからはじめて、かなりの手間がかかるからだ。
そうやって出てきた食物繊維のかたまりを、やはりくどくないさっぱりとした黒みつをからめてトロっと口に運ぶ。
冷たくさわやかな夏のデザート。これはいける。
ここまでの魚のオンパレードは「お魚のコース」と「剣先イカのコース」2つ合わせたものだが、どの皿がどっちのコースか、もうどうでもいい
出てくる全ての素材が新鮮で、おいしい
これだけ堪能して1人2000円、税込み。かなりお得だ。
ところでこのお店は夜の営業は予約制で、4000円のコースになっている。
おかみさんに聞くと『夜はかなりいいですよ〜』とのこと。
10品くらいの特選素材がバンバン登場するというから驚きだ。
2001年にリニューアルしたお店
その日あがったあわびや海老やその他たくさんの海の幸がふんだんに出てくるのだという。
昼のコースで驚いたのに、夜はこの比じゃないらしい。なんだか説得力がある。
自信をもっておすすめできる店がまた一つ増えた幸せ。
海に、感謝
これがこのお店を包む心意気なんだろう。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2002.8.13