三浦半島へ行こう!トップへ
 葉山に降りた熱い風を浴びて
 オキナワンな時間を愉しむ
夏至南風
DATA
 夏至南風(カーチバイ)
 住所:葉山町堀内562-D棟
   〔住宅地の真ん中。駐車場あり〕
 地図:Map-1逗子・葉山
 営業:カフェ10:00-20:00 / 食事11:30-20:00
   〔毎週木曜日定休〕
 電話:046-875-5477

●すでに閉店してしまったようです。
シーサーが見守る庭を見ながら
オキナワの味に思いを馳せる
葉山にオキナワそばのお店ができた、と聞いたら、いてもたってもいられなくなった。“葉山”と“オキナワ”…。場所も気候もまったく違うけれど、この2つの地には、どことなく関連性があるように思う。それは海なんだろうか、それとも、スローな雰囲気か? 『夏至南風』とは、オキナワに夏の到来を告げる、南南西の季節風のこと。この風に乗って、葉山にオキナワと、そしてとびきりの味がやってきた。 シーサーがお出迎え
葉山・森戸海岸にほど近い住宅地に、一軒家を改装したような「カーチバイ」はある。門の上にはシーサーが陣取り、庭にはひっそりと咲くハイビスカスと、たわわに実ったシークワーサーの木。晴れた日に訪れると、テラス席でもオキナワ気分にじっくりとひたることができる。葉山・木もれび亭のオーナーが始めたお店。ここで働く人も、全員がオキナワ好きなんだという。 ハイビスカスの花も咲く
ウッディーに統一された店内では、琉球ガラスやシーサーの置き物を始めとした雑貨の展示・販売もあり、ちょっとしたオキナワ物産展。早速、琉球沖縄そば定食(1350円)とソーキそば定食(1500円)を注文し、シークワーサージュースを飲みながら、待つ。やけに高い机とやけに低いイスの組み合わせが何ともアンバランスだが、そこはオキナワ感覚。気にせずのんびり待つのが、ここの流儀なんだろう。 琉球ガラスも買える
◇いよいよ登場!“オキナワそば”は次のページ つづきはこちら
トップページへ戻る
Report2 Report3 Report4 Report2 Report3