おいしい三浦半島!へ戻る

      丘の上、コスモスとハーブに囲まれて〜ロスマリネス      

丘の上、コスモスとハーブに囲まれて〜ロスマリネス

京急久里浜・JR久里浜駅から徒歩15分
くりはま花の国
[地図]
●営業時間情報●
11:00-17:00
※ただし11:00-15:30がランチ、
15:30-17:00がお茶の時間、
17:00からのディナーは完全予約制
●電話●
0468-30-1665
●駐車場●
くりはま花の国にある2つの駐車場のうち、
温水プール側の第2駐車場が近い
ロスマリネス公式ホームページ

くりはま花の国の秋はなんといってもコスモス
右の画像は2000年の終盤のものだが、無数の色とりどりのコスモスがバーっと咲いているのはまさに圧巻。
ぜひこのページでコスモスの開花状況を見てから出かけてみたい。最終日の花摘みの情報もここから得られるので便利だ。
くりはま花の国のエリアは2つに分かれている。
1つはビクター側の第1駐車場から上がるコスモス・ポピーエリア
くりはま花の国のコスモス
くりはま花の国のフラワートレイン そしてもうひとつはくりはま花の国プール側の第2駐車場から上がるハーブエリアだ。
コスモスを見てハーブに至るのもいいし、逆もいい。ここは全体が広大な丘陵地帯なのでそれぞれのエリアをくまなく歩くと相当距離があるし勾配もけっこうきつい。
時間をかけてもゆっくりと歩いてもいいし、園内を片道200円で結ぶフラワートレインに乗って移動してもいい。
とにかくここはハイキングにはもってこいの場所だ。
さて、その中のハーブエリアにあるのがここ、ハーブレストランロスマリネス
第1駐車場から登ること約500mの丘の一角にあって、ハーブなどが咲き乱れるイギリス式庭園からは東京湾、そして晴れていれば房総半島がくっきりと見渡すことができる絶景が広がる。
”ハーブティーやハーブを使ったパスタなど、オリジナルの地中海料理や本格的フランス料理が楽しめる”というというふれこみ通り、メニューを見るとハーブ料理のコースやハーブティーがたくさん。
庭からの眺め
ハーブのペペロンチーノ さっそく、この日のランチの中からAランチをチョイスする。これは前菜・サラダ・パスタにメインディッシュはローストポークのベルデソース風味、そしてパンとハーブティーまたはコーヒーがついて1200円というお得なメニューだ。
この他にも日替わりで1500円と1800円の3つのランチがあり、天気や気分によって食べくらべてもおもしろい。
左は本日のパスタ。この日はたっぷりとハーブを使ったペペロンチーノだった。
ペペロンチーノ自体がオリーブオイルにまみれてちょっとしつこいかな?という気もするが、ハーブのほんのりした苦味とふわっと漂うさわやかな香りで割とあっさり食べられる。
そして右の画像がメインディッシュのローストポーク。緑色のソースはベルデソース。ちょっと辛くて、割と白身魚なんかにかかっていたりする記憶があったが、ポークにかかっているのは初めて見た。しかし淡白な豚肉にピリッと苦辛いベルデソースはよく合う。気のせいか、これにもハーブの風味が入っているのかも、なんて思った。
ローストポーク・ベルデソース風味
シーフードリゾット(900円) 左のメニューは別に単品で頼んだシーフードリゾット(900円)。エビ・イカ・ムール貝などがふんだんに入ったトマト風味のリゾットで、運ばれてきたときには大きなエビがドーンと乗っていてぎょっとしたけれども、海鮮のダシがよく染み込んだライスはコクがあり濃厚に仕上がっていてトマト風味が舌にやさしい一品
そしてこれらのランチは最後はハーブティーで仕上げ。ふわーっとあがってくるハーブの香りを楽しみ、ふと外を見ると白い雲と青い空・・・。
ディナーは完全予約制になっているので、夕陽の中でハーブ料理を楽しみ、そして行き交う船を眺める。丘の上で味わう自分たちだけの極上の時間が、ここにある。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2001.9.10