おいしい三浦半島!へ戻る

      回るマグロ戦隊!〜魚敬      

回るマグロ戦隊!〜魚敬

京浜急行津久井浜駅から海へ3分
国道134号線沿い
[地図]
●営業時間情報●
11:00-10:00
年中無休
●電話●
0468-49-0211/0212
●駐車場●
十分にありますが土日・夏は国道
の渋滞に合わせて混雑必至!
魚敬ホームページ

★評価★ 総合得点 41点総合評価 ★★★★
価格帯 最多価格帯は200円から300円。割高感は否めない。
種類 種類はとにかく豊富。レギュラーで約50種類ある上にその日その日でおすすめメニューが20種類くらい出るときも。
新鮮さ カウンターが巨大で中では板前さんが必死になって握っているのでなかなか直の注文が難しい。なので回っているネタからほとんど選ぶことになるが、たまにカチカチの大ハズレが存在するのがいけない。値段の高いネタでやられたら最悪だ。
はまち 200円のはまちが回ってきた。例によってさっと手にすると何だか嫌な予感・・・。ツヤがぜんぜんないのだ。
その予感は口に入れた瞬間に現実のものになった。とにかく、ゴムなのだ。おそらく10周くらい延々と回ってしまったような、かわいそうなはまちだ。
ちょっと吐きそうになったがもったいないので食べた。こういう時にすぐに引き上げてくれたり取り替えてくれるような雰囲気がほしい。
はまち(200円)
サーモン トロサーモンといくらの軍艦(300円) この店のトロサーモン(300円)、これは絶品だ。
大きめに切られた脂たっぷりの新鮮サーモンの舌触りがなめらかでとてもいい。
そして今回、左の画像の皿(300円)が回っていた。メニューに書いてないので特別なのかもしれないが、トロサーモンといくらの軍艦、もうこれはヤミツキになりそう。
えんがわ 歯ごたえのよい一皿だ。
みずみずしくて新鮮。後述するが、やはり板前さんが握った直後に手にするのに限る。そうして入手したネタは100パーセント新鮮だろう。
肉厚のえんがわで、甘味がほどよく、可もなく不可もない硬派な印象
えんがわ(300円)
その他のネタ インドまぐろ大トロ(700円) 種類が豊富で飽きない。カモ肉(300円)やカマス(200円)などのめずらしいネタもあり、さすがは三浦海岸の地元の店だ。
さらに特筆すべきは左のインドまぐろ大トロ(700円)。もうこれは他のどの回転寿司にも負けない絶品。口いっぱいに広がるトロ〜っとする感覚がたまらない。この一皿は何があっても食べたいネタになりそうだ。これで700円は安い。
さすがは開店したてだ。店内はきれいで広く、価格帯もわかりやすい。またしょうゆ皿やガリ・お茶なども使いやすく清潔だ。
そして土地柄もあるだろうがファミレス並みに駐車場が広いのもありがたい。ただ、それだけに夏の海水浴シーズンは観光客でごった返すことになること必至。この時期は地元民はおそらく敬遠してしまうだろう。
気軽さ マグロ戦隊の行進!
どういうわけか知らないけれど、この店のネタの流し方は他では見たことがない。広いカウンターの中に板前さんは4人くらい。10皿くらい同じネタをせっせと握ったと思ったら、それをいっせいに、しかも一列に流すのだ。結果として上の画像のようにマグロ戦隊の行進となり、それに興味のない人はボーっと行進を眺めることになる。
極めつけはメロン。これが10皿ノロノロと行進していく様を見たときは圧巻というか唖然とすることしばし。ほおら、メロンだぜ、メロン!って感じな眺め。ひょっとしてこれはショーなのか?なんて思うくらいだ。
せめて5皿ずつ場所を分けて流すとかしたほうがいい。今回ハマチで当たってしまったような”ハズレネタ”が生じてしまう原因は案外こんなところにあるのかもしれない。10皿もくると何番目の皿がおいしそうなのかと深読みしてしまうからだ。そんな”読み”に漏れた皿がガチガチになって私の元にきたということだ。
ただ、こういう流し方が意図的だとしたら他店に参考になる部分もあるかもしれない。
5皿くらいの行進だと『おっ、うまそうなのが来たぞ!』って食欲を刺激する。
その他 上のようなヘンなところがあっても、総合的に見てこの店はすばらしいと思う。まずは三浦海岸のこの海の目の前にこういった店が進出してきたことを評価したい。
訪れたのは晴れた土曜日のランチ時だったが、混んでいたものの客の回転がよくてさほど並ばずに席に着けた。
やはり正念場は真夏だろう。
夏場の三浦海岸の渋滞は恐ろしい。目の前が海水浴場という立地条件で、この渋滞と店の混雑とたくさんの家族連れをさばくことが魚敬の最初の試練になる。その中でちょっと高めの価格設定と絶妙の新鮮さがどうなるのか、興味深い。
回転寿司屋さんに一見で入るのって、意外と勇気がいる。そんな時に『三浦海岸の魚敬って、メロンが行進してるんだって』『へえ、おもしろそう』なんて感じな口コミでの集客を考えているのだったら、魚敬、恐るべしだ。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2001.6.19