三浦半島へ行こう!トップへ
 港の前、くつろぎの老舗旅館で
 三崎のマグロを豪快に味わう!
まぐろづくしコースも絶品!
DATA
 三崎館本店
 住所:三浦市三崎5-2-9
    〔三崎港“うらり”前〕
 地図:Map-7三浦市三崎町付近詳細
 営業:不定休/食事は11時-20時
 電話:046-881-2117
 三崎館本店公式サイト
ヘルシーな豪華ランチに加えて
マグロを食べつくすコースも人気
ダメ押しは、「ハツ(心臓)のしぐれ煮」。1匹から少ししかとれない貴重なハツをひと口大にして、醤油ベースのタレで煮込んだもの。これに白髪ねぎと七味唐辛子で、さっぱりと食べる。コリコリとした歯ごたえが食欲をそそり、甘辛いタレでごはんもすすむ、ビールや日本酒にも合う一品だ。豪華マグロづくしのさかなをつまみつつ、老舗旅館の一室でゆったりと酒を飲む休日も悪くない。 ハツのしぐれ煮
もちろん、三崎港の目の前だけあって、刺身の新鮮さは当たり前。本マグロの赤身の中でも、とびきりの部分だけがブ厚く登場する。脂でごまかせないぶん、マグロの本来の味が試される“通好みの部位”。ていねいに選り分けられた赤身はうまみが凝縮し、口の中でじわっと甘みも広がる、ジューシーな一皿だ。他に天然の海草サラダとご飯、みそ汁、香の物がつく、女性にも人気のランチだ。 新鮮赤身の刺身
さらに、もっとたっぷりとマグロを堪能したいのなら『まぐろづくしコース』(5000円から)もいい。定番モノから貴重な部位まで、数種類のマグロ料理がずらっと並ぶおトクなコースだ。まずは、前菜から。マグロの卵の寒天マグロの角煮、そしてマグロしんじょの豪華ラインナップだ。とりわけ“しんじょ”は、すり身に野菜や海草を混ぜ、湯葉で巻いて蒸したもの。濃厚な香りが食欲をそそる前菜だ。 左から寒天、角煮、しんじょ
煮物は、マグロの卵とカマ身のねぎま。“カマ”はマグロのエラのすぐ下にある、いわゆる「スペアリブ」。1匹から2対しかとれない貴重な部位だ。サッと箸で切ることができるやわらかさで、とろけるような口当たり。マグロの卵も、サラサラとした細やかな食感が鮮やかで、タレもくどくなく絶妙。しっかりと味のしみたネギも甘みがたっぷりと出ていて、辛口の日本酒に合いそうなあったかメニューだ。 マグロの卵とカマ身のねぎま
◇貴重な部位がゾクゾク登場!次ページへ
◇びっくり名物“かぶと焼き”はこのページで登場!
◇レトロな雰囲気で宿泊!→情報はこのページ
◇画像をクリックすると、拡大画像が見られます
つづきはこちら
トップページへ戻る
Report1 Report3 Report4 Report5 Report2 Report3 Report4 Report2 Report3