三浦半島をあるく!へ戻る

      本当にこわい廃墟8      

本当にこわい廃墟8

採集地⇒横須賀市浦賀町 地図

いよいよ真打登場、という感じの廃墟だ。
この建物は間違いなく公共の建物であったろう、そんな感じの鉄筋だ。
学校にしては小さいような気がするが、中を覗くと教室のようなものも見える。部屋数は外から見る限り1階に4つ、2階に3つという感じ。
学校でなければ保健所や市の事務所などの建物のようだ。
割られたガラス
黒ずんだ建物の外観 建てられたのは昭和40年代から50年代の比較的最近のものかもしれない。
窓ガラスはあちらこちら割られ、外観は黒ずみ、各部屋から出ているストーブ用の煙突はさび付いて、なんとも言えない雰囲気をかもし出しているこの建物。つい何年か前までは毎日子供の声が響いていたかもしれないのに、今は主を失って寂しそうだ。
今となっては無残な巨体をさらしているこの建物だが、1階の入り口になにやら新しい旗がかけられているのが、ものすごく気になる。
風がなくて何が書いてあるかわからないが、英語と何かのマークがあり、ちょっと本格的にこわい
それもそのはず、鬱そうとした周囲の緑の先には浦賀の市営火葬場が・・・。
2階には教室らしきものが・・・。
何かあるな、と思わせるには、これ以上のシチュエーションはそうそうない。
まあ、それが廃墟の王道なんだろう。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2000.6.19