三浦半島をあるく!に戻る

      三浦半島・さくらをもとめて2002〜早すぎた桜の気持ち      
三浦半島・さくらをもとめて2002

今年のルート→走水水源地・走水園地・金田漁港・久里浜小学校

今年も満開!走水水源地
横須賀市走水 [地図]
走水水源地の桜は今年もすごい 春の恒例、”三浦半島・さくらをもとめて”も今回で5回目。
昨年の『桜色、空と海に映えて』で取り上げた走水水源地は三浦半島の中で一番好きな桜スポットだ。今年もまずはその様子を見に行った。

それにしても今年は開花が早い。
例年4月の頭に取材を敢行するのだが、3月中、とくに20日すぎに満開になるなんてはじめての経験だ。
水源地の桜は今年も青い空に向かってのびのびと春を楽しんでいた。
桜の木の下で宴会、もいいけれど、ここのようにフェンスの向こうの無数の桜をまるで絵画でも見るように眺めるのもいい。
ついつい上を見ながら歩みが遅くなるこのエリア。今年もたくさんの人が早すぎる花見を楽しんでいた。
走水水源地は桜色に染まる
桜越しの海に〜走水園地
横須賀市走水 [地図]
走水園地の桜2002 走水水源地を観音崎方面に抜け、観音崎京急ホテルを越えたすぐ右にあるのがここ、走水園地。
2007年にはこの場所に横須賀市美術館が開館する場所だ。
ここは桜・海、そして晴れた日には遠く房総半島もいっぺんに眺めることができる絶好の花見スポットだ。
このページの一番上の画像はそれ。こんなビューもこの場所ならではだ。
水源地と違ってこちらは公園となっているのでうららかな春を楽しむ人々がたくさんいた。
ぽかぽか陽気の日曜日、芝生の上でお弁当を広げる人の頭上には無数の桜・・・。

ピンク色の葉の間から差し込むやわらかな春の光に、思わずうたたねをしてしまいそう。
ちょっと眠ると聞こえてくるのは波の音だ。極上の休日が広がる。
走水園地は人でいっぱい
南下浦、さくらのカーブ
三浦市南下浦町 [地図]
さくらのカーブ 横須賀から三浦市にかけての東海岸を通る道は絶好のドライブルートだ。
キラキラした海がずーっと視界に入って気分爽快な運転ができる。
そのルートを海沿いに南下し、金田漁港まで来ると、左側にすばらしい桜のカーブが出現する。
小さな素朴な金田漁港。
ここでは毎週日曜日の6時から8時まで、とれたての魚貝類を並べて朝市が開かれ、各地からたくさんの人々でにぎわうところだ。
誰もいない港。
満開の桜はここでも金田湾のきれいな海、そして体を休めている船を静かに見ている。
金田湾の桜
久里浜〜早すぎた桜の気持ち
横須賀市久里浜 [地図]
久里浜小学校前
三浦半島の桜をかけめぐって、最後はここ、久里浜。
図書館そばの学校群の桜がすごい。
久里浜小学校の校庭わきでは赤とピンクのバリエーションがとってもきれいだ。
2002年の早すぎた桜。
終業式に咲いているけど、入学式まで持ちそうもない。
新入生が期待を胸に門をくぐる4月には花を咲かせていないけれど、きっと来年こそは、と桜の木は密かに思っているかもしれない。

三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2002.3.25