三浦半島をあるく!に戻る

      2000年GW緊急企画つつじ満開!湘南国際村
つつじの咲く丘に〜湘南国際村
     

晴れていればつつじ越しに相模湾が一望。

湘南国際村 [地図]
●交通【電車・バスの場合】●
JR逗子駅・京急新逗子駅・京急汐入駅から「湘南国際村」行きで。
どの駅からもおよそ25〜30分。逗子からの場合340円。
交通【車の場合】
・横浜横須賀道路横須賀インターから葉山方面へ約15分。
・横浜横須賀道路逗子インターから逗葉新道経由で御用邸に出て、
横須賀方面へ南下して約30分。
※村内の駐車場は『湘南国際村センター』内の地下有料駐車場のみ。
休日はかなり混雑するので要注意。
湘南国際村公式ホームページ
ゴールデンウィークのイベントガイドや村内案内図があります
連動企画
ランチタイムは山の上〜アクティー
リゾート気分でコーヒー。〜湘南国際村センター

東京ディズニーランドの約4倍という広大な敷地に広がる湘南国際村は、学術・産業・生活の融合した村。
現在全体構想の約73パーセントの基盤整備が完了したというが、やはりなんとなく”無機質な町”という感じがしないでもない。
それはきっと官の施設や研修所が多いからかもしれない。
遊水地の斜面に咲くつつじ
斜面に咲き乱れるつつじ しかしそんな街が年に一回彩られる季節がある。春のつつじだ。
村内にはあちらこちらに合計10万本のつつじが育っていて、丘が一面鮮やかな色と香りに包まれる。
遊水地のまわりの丘、居住地区の沿道、さらには道からちょっと入った緑地が赤やピンク色にやわらかく包まれるのは圧巻だ。
4月下旬時点で5分から7分咲き。
ゴールデンウィークのころにはきっと満開になるだろう。
しかしこの街は、つつじがその役割を終えたらまた無機質な建物群に戻ってしまうのだろうか?
人と自然と産業が一体化する街づくりの腕が、いま、この山で試されている。
沿道を彩るつつじ
自らがこの街の唯一の彩りでないことを祈りつつ、つつじは満開に向かって丘に咲きつづける。


三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2000.5.1