三浦半島をあるく!に戻る

      サイト移転&リニューアル記念・春の三浦半島西海岸スペシャル!
【第1弾】いるかとアイコンタクト〜京急油壷マリンパーク
     

イルカとアイコンタクト〜京急油壷マリンパーク

三浦市油壷 [地図]
京急油壷マリンパーク公式ホームページ
↑アクセス・料金・営業時間はこちらへ!

三浦半島のレジャースポットとして忘れてはならないのがここ、マリンパーク。
昭和42年からずっと、この温暖で風光明媚な岬の突端でたくさんの魚たちを育てている施設だ。
最近流行りの都市型水族館とは違って、エンターテインメントに徹するでもなく、かといって教育施設でもなく・・・と極めて中途半端な感じがして、品川や八景島に慣れた人には物足りないかもしれないが、地元民にとってはこれが本当の水族館なのだ。
サメがうようよしている水槽
これが人面ガニ! 園内はとっても開放的で、奥の広場では戦隊モノのショーをやっていたりする、そんな一種の場末感覚が逆に心地よかったりする。とにかく、ここはファミリーや玄人・マニア向けのスポットなのだ。
さて、園内に入ると巨大なサメの歯が展示してあって、まずはここで写真を一枚。うわあ、すごい!これから何が待っているのかなあ、っていう子供心の高揚感を無理やり抱きつつ、ここから屋内展示に。
訪れたときは特別展 ”エビ・カニ合戦”が開催されていたのでそのよくわからない合戦ぶりをとくと見学しよう・・・と思っていたら、上のような鬼面ガニや平家ガニの展示だけであっという間に終了。どうだ、人間の顔みたいですごいだろう。というわけで、はい、次。・・・そんな微妙な肩透かしをくらいつつ、通常展示に。
ここからしばらくは魚類の生態や珍しい魚たちを展示してある小さ目の水槽が並んでいて、最近の水族館にはあまり見かけない古き良き陳列
アジだ! エイだっ!!
そして奥には完成当時東洋一の大きさだったという大回遊水槽が。
”水量600トン、周囲80m”の円形の水槽があり、大小とりまぜた18種1000尾の魚たちが右へ左へすいすい泳いでいる。子供のころから何度も見ているので最初はふーん、って感じだったが、カメラを向けながらあちこち見ていたら「あっ、エイ!」「サメ!」なんて子供みたいに夢中になっている自分がいた。
ゆうゆうと泳ぐ巨大ザメ、それをうまく避ける群れ、そして流れに乗れず逆回転して他の魚にぶつかったりするヤツもいて、魚の世界もなかなか大変。やはり何度見てもここは飽きない
そしていよいよ、わくわくしながら”ファンタジアム”に向かう。

次のページへ


三浦半島へ行こう!へ戻る三浦半島へ行こう!に戻る
2001.3.5